光を放つ者 (神様) 2007年10月26日
あなたは光。あなたは光の存在。
あなたが受ける低い、ネガティブな波動は、黒い雲のようなもの。あなたの光を遮る為、あなたの思い、あなたの言葉、あなたの行動、 そして、あなたの存在を否定する。

何故だろうと、考えるな。
彼らは、自分の世界を守る事に必死なのだ。彼らは、彼らの考える世界の中で、生きる事に必死なのだ。その世界の中に生きているからこそ、 自分の存在意味があるのだ。

簡単に言うと、お金に価値を於いた世界で生きている場合、彼らは、お金を得る事を目的に生きていて、その中で、お金があるだけ自分の 価値があると信じている。お金に、自分の存在意味を託しているんだ。そのお金が沢山ある事に意味が無くなってしまうと、自分の存在価値に身の 置き場が無くなってしまうのだ。それは、地上を歩いている者にとって、地面が無くなってしまうようなものである。引力のある地球に住んでいる者が、 突然、無重力状態の中に入ってしまうようなもので、価値の身の置き場が無くなり、混乱状態に陥る事になる。それは、彼らにとって、恐怖の何もの でもないのだ。

光の存在にとっての存在意味は、外に向けられたものではない。存在そのものの中にあるのだ。この生きているという、この感覚こそが、 何ものにも代え難い至福感という事になる。物質にも、思いにも、全てのコントロールのエネルギーから解放された状態こそが、魂そのものの姿 という事になる。

光の存在達よ、大いに輝け。
黒い雲は、無視していれば、消えていく。無視する事が、黒い雲の存在をあなたの世界に登場させない唯一の方法だ。よいか、判断さえも、 あなたの世界に登場させる事になり、エネルギーを与えている事になるのだから気をつけなさい。判断する事、相手にする事は、その瞬間、 あなたが彼らの世界の住人になってしまっているのだから。それこそが、彼らが、あなた達光のエネルギーを取り込んでいる瞬間であり、 あなたの光が黒い雲により遮られる瞬間でもある。

あなた達は、光の存在である。光を放つ者として存在し続ける努力をして欲しい。

ここに一つのマントラを授けよう。
  私は光の存在です。
  私は光を放つ者です。

以上です。



Copyright (C) Setsuko Okamoto

目次に戻る