目がきれい?インディゴチルドレンの使命や特徴・仕事とは

インディゴチルドレンとは1970年代~1990年代に生まれた、特別な人々を指します。

彼らは宇宙で生まれた存在で、地球に転生してきた存在です。

では、インディゴチルドレンたちは地球で何をするためにやってきたのでしょう?

彼らが地球でなすべき使命とは、どのような仕事をしているのか。

本記事ではインディゴチルドレンたちが生まれ持った使命について詳しく解説していきます。

インディゴチルドレンが生まれ持った3つの使命とは?

イメージ

インディゴチルドレンは生まれ持った特別な使命を持っています。

ここからは彼らの3つの使命についてご紹介します。

①地球の次元上昇を助けるため

インディゴチルドレンは地球をより高みの存在へと導く使命を負っています。

彼らの生活や仕事を通して、私たち人間を、地球そのものをより高次の存在へと高めていく手助けをしてくれています。

地球の次元上昇をアセンションと言うことがありますが、アセンションはインディゴチルドレンたちの助けを得て、成しえるのです。

②ライトワーカーとして生きるため

インディゴチルドレンはライトワーカーとして生きる使命も持っています。

ライトワーカーとは光の仕事人という意味です。

不安や恐れといった暗い感情をその名の通り、明るく照らし、人々を救う仕事をする存在です。

また、ライトワーカーは人々とスピリチュアルな世界を繋ぐ役割も持っています。

インディゴチルドレンはそのようなライトワーカーとしての使命を負っているのです。

③社会の新しい基盤や価値観を作るため

先に述べたとおり、インディゴチルドレンは地球をより高みの存在へと導く使命を負っています。

しかし、それを果たすには古い価値観や既成概念はアセンションの妨げになりかねません。

インディゴチルドレンは様々な仕事を通じてそういった社会を作り変え、あるいは壊すことによって社会の新しい仕組みや基盤、価値観を世界にもたらす使命を負っています。

インディゴチルドレンは目がきれい?雰囲気からわかる3つの特徴

イメージ

それではインディゴチルドレンとはどういった存在なのか、その特徴をみていきましょう。

周りと雰囲気が違うな、という人はインディゴチルドレンの可能性がありますよ。

特に目がきれいな人はインディゴチルドレンかもしれません。

① 年齢不詳で子供の頃から大人っぽい

インディゴチルドレンの特徴として、外見からは年齢がわかりにくいというものがあります。

子供の頃から大人びた雰囲気を持つ一方、大人になっても子供のような純粋さを持ち、若々しい人が多いです。

その純粋さが目がきれいであることに繋がっているともいわれます。

②女性にも男性にも見える外見

インディゴチルドレンは女性的・男性的それぞれの側面を持ち、容姿も非常に中性的であるという特徴を持っています。

顔立ちや体つきだけでなく、身に着けるものやファッションの好みも中性的なものを好む傾向が強いです。

③目がきれいで純粋なオーラがある

チャクラではインディゴ(藍色)は第6のチャクラを表す色です。

第6チャクラは別名「第3の目」「サードアイ」と呼ばれ、未来を見通す力や物事の本質を見抜く力を高めます。

インディゴチルドレンはその名の通りインディゴの魂の色をしており、純粋なオーラを持ちます。

そして、インディゴチルドレンはこの第6チャクラが開かれている人が多く、透き通るように目がきれいだといわれているのです。

使命を読み解くインディゴチルドレンの8つの特徴

イメージ

さらにインディゴチルドレンについて、8つの特徴から解説していきます。

これから述べる8つの特徴はインディゴチルドレンが子供の頃から持っていることが多いです。

自分の使命を見つけられていないインディゴチルドレン、または本人がインディゴチルドレンであることに気づいていない人にとって、自分がなすべき使命を見つけるヒントになるかもしれません。

①社会の古い価値観に対しての反発が強い

インディゴチルドレンは新しい価値観や物の考え方を創造するのが得意な反面、古い社会の価値観に対して反発しやすい傾向があります。

社会システムを作り変えようとすることもあり、システムバスターといわれることもありますが、こういった側面が影響しているのでしょう。

②独自の世界観を持っている

インディゴチルドレンは宇宙から地球に転生してきた存在です。

そのため、地球に住む人々と異なった独自の世界観を持っています。

社会に対して違和感を抱えて生活しているインディゴチルドレンも少なくありません。

③集団行動が苦手

地球の古い価値観や世界観に馴染めないインディゴチルドレンは周囲に理解されにくく、インディゴチルドレン本人も周囲の価値観に無理に合わせて生きるのはストレスですよね。

また、インディゴチルドレンは情報を受け取る能力が高い一方、人混みなどでは多くの情報を受け取りすぎて疲れてしまうということもあります。

そのため、孤独を好む傾向があり、集団行動が苦手な人が多いのです。

④繊細で感受性が鋭い

インディゴチルドレンは優れたエンパス(エンパシー能力者)として能力を発揮する人が多くいます。

エンパスとは共感力とも言われ、先ほど軽く触れましたが、情報を受け取る能力です。

テレパシーが情報を発信する能力に対し、エンパスはそれを受信する能力者と考えてください。

嚙み砕いて言うと、いわゆるアンテナが敏感な人とも言えます。

そのため、多くの人にとっては些細なことにもよく気づき、人の感情や情報を受け取りやすく、繊細で感受性が鋭いという特徴があります。

⑤生き辛さを感じている

異なる価値観・世界観を持ち、自分が持つ価値観・世界観は周囲に理解されにくく、さらに無意識のうちにも多くの情報に敏感に晒されている。

もし、自分がそんな状況だったら……。

そう考えるだけでも、インディゴチルドレンは相当な生き辛さを感じていることだろうと想像できますね。

⑥厳しい家庭環境に生まれる

インディゴチルドレンは世界を導くというとても大変な使命を負っています。

社会の古い価値観や既成概念を変えるという厳しい作業です。

そのため、宇宙から転生する際も、あえて厳しい家庭環境の元へ生まれることを選び、将来の覚醒を見据えて自らを高めようとするケースがあります。

インディゴチルドレンは1970年代~1990年代に生まれますが、特にこの期間の初期に生まれたインディゴチルドレンによく見られる特徴です。

⑦発達障害の傾向がある

インディゴチルドレンは多くの人々と異なる価値観や世界観を持っており、周囲になかなか馴染めないことが多くなります。

また、先に述べた通り集団行動を苦手としているため、幼少期に発達障害として診断を受けるインディゴチルドレンも少なくありません。

⑧霊能力がある(第六感が発達している)

第六感というと、どのような能力をイメージするでしょうか?

五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)では捉えられない情報を感知する能力と考えてみると、インディゴチルドレンはとても強い第六感を持っているといえます。

インディゴ(藍色)は第6チャクラの色とされ、第6チャクラは第三の目(サードアイ)とも呼ばれます。

この第三の目は物事を本質を見抜く力や、視覚では捉えられない事象を知覚する力を司るものです。

そのため、インディゴチルドレンは強い第六感を持ち、中にはサイキックな能力を持つ人もいます。

インディゴチルドレンとして覚醒する大切さ

イメージ

インディゴチルドレンの覚醒とは何でしょうか?

もしかしたら、どこかで見聞きしたな、という人もいるかもしれませんね。

それは言葉にすると簡単なことですが、インディゴチルドレンが自身をインディゴチルドレンであるということを自覚し、その使命に気づくことです。

インディゴチルドレンだと気づいていないことが多い?

ここまで、インディゴチルドレンの特徴について記してきました。

そこで、こう思った人はいないでしょうか?

「あれ? この特徴、けっこう自分(もしくは知り合い)に当てはまるかも?」

そうなのです。

インディゴチルドレンは特別な使命を持っていますが、決して珍しい存在ではないのです。

ただ、本人が気づいていないだけ。

あるいは、インディゴチルドレンの存在自体を知らない人も多いでしょう。

自分が「知らない、気づいていない」ということを「知る、気づく」ことは言葉以上に難しいものです。

インディゴチルドレンとして覚醒することで使命が加速する

なんだか生き辛いな……。

そう感じている人がいたら、もしかしたらインディゴチルドレンとして覚醒するチャンスかもしれません。

インディゴチルドレンがインディゴチルドレンであることを自覚できれば、覚醒も近いといえるでしょう。

自分に素直になり、自分の価値観を信じ、自分がなすべきことを見つける。

周りではなく、自分の心に従うことによってこそ、インディゴチルドレンの使命は果たされるのです。

インディゴチルドレンの仕事を見つけるための4つのヒント

イメージ

インディゴチルドレンとして生まれたからこその生き辛さを感じている人も少なくありません。

今の仕事に違和感を持っている人もいるでしょう。

インディゴチルドレンは様々な職業・仕事を通じて、世界を導くことができます。

そんなインディゴチルドレンが自分らしく生き、使命を果たすための仕事を見つけるためのヒントについてご紹介していきます。

①自分の創造性を大事にする

芸術分野で才能を発揮するインディゴチルドレンも多くいます。

ミュージシャンや画家、小説家に俳優など、自分を表現することで新たな価値観を創造し世界を高みに導こうとしているのです。

自分の心に素直になり、自分の思いや世界観を表現する。

そんな創造性を大事にしてください。

②スピリチュアルな能力を開花させる

インディゴチルドレンは第六感に優れ、スピリチュアルな能力を持つ傾向にあります。

自分が持つ力を受け入れ、その力を使って人々を導くことも立派な仕事です。

③一つのことに没頭できる専門職を選ぶ

発達障害の子供は、特定の分野についてとてつもない集中力や才能を見せることがある、という話を聞いたことはないでしょうか。

そういった人の中にはインディゴチルドレンがいるのかもしれません。

自分の力を発揮し、没頭できるような専門職を選ぶのもインディゴチルドレンにとってより良い選択となるでしょう。

④興味のあることにどんどん挑戦してみる

インディゴチルドレンは特別な能力を持っています。

もし、「自分にはそんな特別な力なんてないよ」という人は、まだ覚醒していないインディゴチルドレンかもしれません。

自分が最大の力を発揮できるものを見つけるために、興味があることにはどんどん挑戦してみましょう。

自分でも気づかなかった才能が目覚めるかもしれませんよ。

まとめ

インディゴチルドレンは新しい価値観を持って生まれるため、古い価値観や既成概念に縛られた世界では生き辛さを感じていることが少なくありません。

「自分の価値観がおかしい」「周りに合わせるのがしんどい」

そんな人は一度、自分を縛っている考えを取り払い、自らの心に素直に従ってみましょう。

きっと目がきれいに澄んで、自分をしっかりと見つめることができるようになるかもしれません。

そして、インディゴチルドレンとしての使命に気づくことが、より生きやすく、より自分を知るきっかけになってくれるでしょう。

おすすめの記事