大人女性のインディゴチルドレンの容姿や雰囲気の10の特徴

インディゴチルドレンは宇宙で生まれた魂が地球に転生してきた存在であり、インディゴ(藍色)の魂の色を持つとされます。

特に1970年代~1990年代にインディゴチルドレンが多く生まれています。

彼らはある使命を持って生まれてきているのですが、その使命とは、地球をより高みへと導くというものです。

この記事ではインディゴチルドレンについて、雰囲気や容姿といった視点から紹介していきたいと思います。

インディゴチルドレンの容姿や雰囲気の特徴

イメージ

インディゴチルドレンは一般的な人と比べて特徴的な容姿や雰囲気を持っています。

では、その容姿や雰囲気について解説していきましょう。

雰囲気の特徴①目がきれい

インディゴはチャクラで第6チャクラを表すといわれており、第6チャクラは別名第3の目(サードアイ)と呼ばれ、物事の本質や真実を見抜く力を司ると言われています。

インディゴチルドレンはとても澄んできれいな目をしているという特徴がありますが、チャクラの影響もあるのかもしれませんね。

雰囲気の特徴②女性的でもあり男性的でもある

容姿の特徴として、インディゴチルドレンは女性的であると同時に男性的な面を持ち、中性的な雰囲気を持っています。

顔立ちや体格だけでなく、ファッションや身に着けるものも中性的なものを好む傾向があります。

雰囲気の特徴③目立つ人が多くモテる

インディゴチルドレンは幼少の頃から大人びた雰囲気を持つ一方、年を重ねても若々しい人が多いです。

そのため、幼い頃から目立ち、モテる人が多くいます。

また、中性的な雰囲気を持つため、女性からも男性からも好感を得て、同性からも好かれやすい特徴があります。

雰囲気の特徴④年齢不詳

インディゴチルドレンは幼少の頃から大人びた雰囲気を持っていると言われます。

もしかしたら転生を重ねている分、魂が成熟しているのかもしれません。

また、大人になってからも若々しく外見や雰囲気からは年齢がわかりにくい特徴があります。

雰囲気の特徴⑤青色のオーラを持つ

最初に述べましたが、インディゴチルドレンはインディゴ(藍色)の魂の色を持ちます。

それが青色のオーラとなって表れます。

青色を好む傾向があることもインディゴチルドレンの特徴のひとつです。

インディゴチルドレンだと噂される女性有名人や誕生日は?

イメージ

では、具体的にインディゴチルドレンだと噂されている女性有名人を誕生日とともに見ていきましょう。

ここまでにお伝えしてきた容姿や雰囲気の特徴を踏まえて読んでいただければと思います。

江國香織

江國香織(えくにかおり)さんは1964年3月21日生まれの女性小説家・詩人です。

アルコール使用障害と同性愛者の夫との生活を描いた『きらきらひかる』や、直木賞を受賞した『号泣する準備はできていた』、映画化もされた『冷静と情熱のあいだ』『東京タワー』など、数々のヒット作を生み出し多くの受賞歴を持ちます。

特別な才能や世界観を持つというインディゴチルドレンの特徴が見られますね。

坂井泉水

坂井泉水(さかいいずみ)さんは1967年2月6日生まれの女性歌手で、音楽ユニット『ZARD』のボーカリストとして知られています。

歌手活動を始めるまでにOLやモデル・レースクイーンを経験しており、残念ながら40歳でお亡くなりになりましたが、その美しい容姿は年を重ねても変わらなかった印象です。

ご自身の楽曲以外にも作詞家として数々のアーティストに詞を提供されていました。

その音楽家としての才能は語るまでもないでしょう。

人物としては極端なあがり症であるという話は有名で、メディア出演はほとんどしていませんでした。

もしかしたら人付き合いが苦手な人が多いというインディゴチルドレンの特徴があがり症という形で表れたのかもしれません。

釈由美子

釈由美子(しゃくゆみこ)さんは1978年6月12日生まれのタレント・女優です。

グラビアアイドルとしても活動されていたこともあります。

デビュー当時はいわゆる天然キャラ・不思議ちゃんとして知られており、もしかしたらインディゴチルドレンの独特の価値観や世界観が表れていたのかもしれません。

その美貌はやはり不惑を迎えても変わることがありません。

松任谷由実

松任谷由実(まつとうやゆみ)さんは1954年1月19日生まれの女性シンガーソングライターです。

どこか中性的で圧倒的な歌声と独特の世界観を描いた歌に魅了された人も多いのではないでしょうか。

そんな松任谷由実さんですが、子供の頃からとても大人びた子供だったと言われています。

中学生の頃から洋楽を聞き、すでにいくつもの楽曲を作っていたそうです。

還暦を過ぎた今でも若々しくパワフルに活動されています。

インディゴチルドレン世代は1970年〜1990年前半に生まれてきた人が多い

インディゴチルドレンは1970年~1990年代に生まれた人が多く、特に1975年~1995年に生まれたインディゴチルドレンが多いといわれています。

ご紹介した女性有名人のように、その年代以外に生まれた人の中にも特別な才能、そして使命を持った人は存在しています。

大人のインディゴチルドレンが抱きやすい悩みや特徴

イメージ

インディゴチルドレンは特別な才能や独特な価値観・世界観を持っています。

それゆえ、インディゴチルドレンは悩みも抱えがちです。

ここではそんなインディゴチルドレンが抱きやすい悩みや特徴を紹介します。

①小さい頃から友達が少なく孤独になりやすい

インディゴチルドレンは幼少の頃から大人びた雰囲気を持つといわれます。

また、独特の価値観や世界観を持つことから、周囲に馴染めず友達がなかなか作れないこともあるようです。

結果として、人付き合いを避け、孤独を感じるインディゴチルドレンが多くなるのです。

②人生に疑問を抱きやすく生き辛さを感じる

インディゴチルドレンは地球を高みに導くため、古い価値観や既成概念に縛られず、新しい価値観・世界観の中で生きています。

そのため、古い社会システムに囲まれて生活することに疑問を感じたり、生き辛さを感じることも少なくありません。

③家庭環境が厳しく「自分らしさ」について考えてきた

インディゴチルドレンが地球に転生するときに、あえて厳しい家庭環境の元に生まれることを選ぶケースがあるようです。

厳しい環境で育つことで精神的に成長するためといわれます。

そのような環境で生きることで、自分とは何か、どう生きるべきかという「自分らしさ」を考え、答えを見つけようとしているのかもしれません。

④スピリチュアルや芸術が好きで馴染みやすい

インディゴチルドレンが持つ特徴の中で、強いスピリチュアルな能力を持っていたり、芸術分野で才能を発揮する人が多いというものがあります。

そのため、各分野で活躍している人の中にもインディゴチルドレンは多く存在しています。

得意分野についてずば抜けた集中力を見せ、没頭しやすい人もこの特徴が表れているといえます。

⑤共感性や感受性が高く繊細

インディゴチルドレンはエンパシー能力が高いと言われています。

エンパシー能力は共感力とも呼ばれ、様々な情報を受け取る能力のことです。

そのため、共感性や感受性が高い一方、少しの情報でも他の人より過剰に反応してしまうような繊細さを持ちます。

人混みなど多くの情報が溢れる場所では気疲れしてしまうという人は知らず知らずのうちに多くの情報を受け取りすぎているのかもしれません。

大人のインディゴチルドレンの悩みを解決するには?

イメージ

ここまでご紹介したインディゴチルドレンが抱えやすい悩みは大人になっても変わりません。

では、そんな悩みを解決するためにはどうすればいいのか。

見ていきましょう。

①インディゴチルドレンの人生の意味を知る

生き辛さを感じている人々の中には、インディゴチルドレンである自覚がない人、あるいはインディゴチルドレンの存在すら知らない人もいるかもしれません。

生き辛さを感じていたら、自分がインディゴチルドレンかもしれないと思ったら……。

インディゴチルドレンが持つ使命を考えてみましょう。

あなたが生まれてきたことには意味があります。

②芸術で自己表現してみる

芸術分野で活躍しているインディゴチルドレンは多いです。

絵を描くこと、歌を歌うこと、文章を書くこと……。

今まであまりしてこなかったことにもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

自分でも知らない才能が発揮されるかもしれません。

③直感に従った生き方をしてみる

インディゴチルドレンが生き辛さを感じる理由としては、社会や周囲の人々と異なる価値観を持っていることがひとつ挙げられます。

合わない価値観の中で生活することはとてもストレスのかかることです。

そんなときは、一度あなたの価値観や心に素直になりましょう。

自分が思うままに、直感に従って生きることが悩みを解決する手助けになってくれるでしょう。

④物事をポジティブに考える

インディゴチルドレンは子供の頃から生き辛さを感じている人が多いです。

周囲に馴染めない自分はどこかおかしいのだろうか。

そう考えても不思議ではありません。

ですが、インディゴチルドレンの使命を思い出してください。

インディゴチルドレンは地球を高みに導くために新しい価値観・世界観を持っているのです。

その価値観は決して間違ったものではありません。

インディゴチルドレンとして生まれたことには必ず意味があるのだと、物事をポジティブに考えてみてください。

⑤第3の目を覚醒させて特性を活かす

インディゴはチャクラで第3の目を表します。

元々インディゴチルドレンは第3の目の影響でスピリチュアルな能力や、物事の本質や真実を見抜く力が強いといわれています。

その第3の目を開く(覚醒させる)ことでさらに高い能力を発揮できることでしょう。

第3の目を開く方法としては、瞑想をすることが効果的だといわれています。


まとめ

インディゴチルドレンとして生まれたために、悩みを抱え、生き辛さを感じている人がいるかもしれません。

しかし、インディゴチルドレンとして生まれたことには必ず意味があります

自分を見つめ、自分に素直になる。

そして、インディゴチルドレンとしての人生の目的を見つけることで、きっと前向きに生きることができるでしょう。

繰り返しになりますが、あなたがあなたであることには必ず意味があるのです。

おすすめの記事